郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

2013年03月24日

お母さんの手作り料理ランチ

新はこだて農協 大野基幹支店女性部の主催。
大野国道沿いにある「あぐりへい屋」に併設された厨房で、
農家のかあさんが地元の野菜・豆・米(もちろん「函館育ち ふっくりんこ」です)などを
ふんだんに使った家庭の味を調理した。
皿を数えたら37品ほどあった。盛りつけ自由のひとり600円。


ちょっと照れつつお料理。


皿盛りの料理に加えて、「ふっくりんこ」を炊いた白めしと味ごはんが食べ放題。
野菜と大豆がたっぷりの呉汁もお代わりを何度もすすめられた。


ごく一部です。ここからレンズを左右に振っても、料理皿がどっさり。


次々と料理が完成されていく。もう並べられないよ。


ひとり1トレーを渡されますが、とてもすべての料理は盛りつけられない。


ふたりで手分けして、30品目ほど盛りつけた。それでも全部じゃない。


パンにのせたトマトじゃむ。イチゴとリンゴのゼリー。


雪解けを控えた農閑期だからこそ実現した企画ですが、
農家(農業)のちからを腹で感じることができる催事でございました。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 16:13

2012年10月10日

稲刈り/市民農業体験(北斗市)

9月29日におこなわれた北斗市での農業体験学習の様子です。
この日は、6月2日に市民の手で植えた「ふっくりんこ」を、
腰をかがめて1株ずつ手で刈り取りました。
この催事は北斗市体験学習実行委員会が主催しています。


地元のケーブルテレビ局NCVも半年間の農業体験に参加しました。


稲わらをつかって、刈り取った株を束ねます。これが難しい。


用水路に落ちちゃった。こんなハプニングも、いつかは良い想い出に。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 20:33

2012年10月07日

黄金色の田んぼ(知内町)

「函館育ち ふっくりんこ蔵部」の部会長・木本勉さんの笑顔とともに。

田んぼはざわざわとした音で包まれています。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 10:54

2012年09月30日

風車と田んぼ(江差町)


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 21:07

2012年09月24日

収穫を前にした田んぼ

9月23日、稲刈りが始まってます。


目がちょっと怖いかも。


案山子(かかし)の足もと。
どうやらスズメから稲穂を守り切れたようです。


倒伏(とうふく)していますが、ちゃんと収穫できます。
稲穂が生長して重くなり、風などの影響で倒れてしまいました。


黄金色の田んぼが広がります。


たわわに稔った稲穂が、頭を重そうに垂らしています。


赤とんぼ休憩中。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 00:53

2012年08月30日

赤とんぼ

夕焼け色のトンボを見つけると秋を強く感じますが、
実際には盛夏のころにも飛んでいます。
トンボは「蜻蛉」と書いて、古くはアキズ(アキツ)と読みました。
秋津島(あきずしま)と言えば、大和の国、つまり日本のことを意味します。
日本はトンボの国なんですね。
そして、田んぼにはトンボがよく似合います。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 09:36

2012年08月29日

大野平野の田んぼから

大野平野から田んぼ越しに山々を遠望してみました。
8月の稲穂は力強く生長していました。


おなじみの函館山です。


厚沢部方面です。地図上ではこの方角には雷電山・毛無山があります。


ご存知の駒ヶ岳です。


こちらは横津岳山系になります。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 00:21

2012年08月22日

お米の開花と受粉

8月中旬、うす緑色の「もみ」が並んだ稲穂に、
小さな変化があらわれます。


これは稲の開花と受粉の様子です。


緑色の「もみ」が花のつぼみになります。
そこから伸びている白い部分(「やく」と呼ばれます)が「おしべ」です。


「おしべ(やく)」の中には、たくさんの花粉が入っています。
この花粉が、もみの中にある「えい」と呼ばれる部分にこぼれ落ちると、
その中にある「めしべ」に受粉します。


受粉すると「えい」は閉じてしまします。
花が咲いてから閉じるまでは、わずか2時間ほどです。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 23:51

2012年07月23日

幼穂(ようすい)を見てみよう!

7月中旬、稲の付け根を切り割ってみると、
そこには稲穂の赤ちゃん=幼穂(ようすい)を見つけられます。

分蘖(ぶんげつ)して増えた株から、真ん中の長い一本を選びます。


根本のあたりを半分に切り分けて、稲のなかを観察してみます。


小さな小さな稲穂の赤ちゃんを見つけることができました。
この一粒一粒がどんどん上へと伸びていって稲穂に生長します。

この写真は7月21日に撮影しているので、
すでに「赤ちゃん」から「小学生」くらいに生長している状態です。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 23:00

2012年07月15日

純米吟醸酒「飲ん米」

「函館育ち ふっくりんこ」で醸した日本酒です。
五周年を記念してラベルが新しくなりました。


投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 22:28

ブログ内検索

123456789

▲ ページトップへ